目次
入門編
■道具を揃える
基礎編
応用編


■入門編〜道具を揃える〜

水彩画を描くためには、最低限揃えなければならない用具があります。
初心者にとって使いやすく有用な用具について説明します。

●必要最低限の道具
透明水彩絵具には固形のものとチューブのものがあります。携帯には固形が便利ですが、より使いやすいチューブをお勧めします。各色単品で購入することもできますが、最初は12〜36色程度のセットがよいでしょう。
今回は使用しませんが、透明水彩の他、不透明水彩のガッシュやポスターカラー(デザイン用)があります。
丸筆や平筆があり、大小5種類くらい揃えればよいでしょう。大きな面を塗る場合は刷毛もあると便利です。 他に日本画用筆も用途範囲が広く、水彩に適します。
安価なプラスチック製や軽量のアルミ製、本格的な漆塗りホーロー引きのものがあります。固形水彩のセットにはケースと一体になったものが多いようです。使い捨てのペーパーパレットなど平らなものは適しません。大量の絵具を溶く時には大きめの溶き皿を使います。
絵具を溶いたり筆を洗う水入れです。できれば大きいものの方が水の濁りも遅いのでよいでしょう。

一般的なスケッチブックはデッサンやスケッチには向くが、水彩で描こうとするとやはり少し問題があるので(水彩と紙を参照)水彩紙を用意しましょう。水彩紙にも色々種類が多いのですが、とりあえずは水彩紙なら何でもよいでしょう。
海綿
スポンジ

筆を拭ったり、筆に絵具を含ませた時の水分を調節するのに使います。画風を左右する結構重要なアイテムです。
ティッシュ

パレットの汚れを拭います。雑巾でも代用できますが、あれば便利です。


●特殊技法に使う用具
オックスゴール、アラビアゴム液、ワックス、マスク液、塩、カッターナイフ、ペインティングナイフ、ハブラシなど。


水彩入門セットの参考商品

下記の商品のお求めは「画材ショップ楽屋」から


 
 


次へ


画材なびTOPへ

このページの無断転用は固くお断り致します。