ブリードした赤絵具
ブリードしない赤絵具


現 象
下層に塗った絵具が、後から塗った上層の絵具の溶剤に溶け、色が上層へ滲み出してくる。
原 因
一部の絵具の有機顔料の中には、メディウム中の溶剤によって顔料化されていた染料が溶け、担体(顔料母体)から分離してしまう。
対 策
・「なき」現象を起こす顔料は限られている。まず、なきを起こす絵具を使用しないことが望まれる。
・なきを起こす主な絵具名 *ピンクマダー、ローズマダー等のアリザリンレーキ
・なきを起こした場合には、乾性油層をなきを起こした絵具層にかぶせ、乾燥後に次の絵具層を重ねる[油絵具の場合=製作途中]。


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。