画筆と呼ばれるものには、油絵筆、水彩筆アクリル画筆、日本画筆等、
用途で分類される場合があります。

用途別分類 毛 質
油絵筆 ブタ毛、セーブル筆ナド硬軟両種
水彩筆 セーブル筆、 リス毛、狸毛ナド軟毛
アクリル筆 ナイロン筆、 リセーブル 筆ナド
日本画筆 狸、イタチ、猫、 山羊ナド軟毛系
デザイン筆 狸、イタチ、猫、 山羊ナド軟毛系
ペイント筆 狸、馬、豚毛ナド低品質毛
パステル筆 山羊、ナイロンナド特殊仕様

実際には、ユーザーが用途別に提供された筆をその用途だけに使用するのではなく、むしろ表現目的にかなった形状の筆を機能を中心に選択することになります。
したがって、筆に「〇〇用」と用途を限定してしまうことはヘタな売り方と考えられます。
機能的には筆の毛質の硬軟と穂先の形状が重要な要素になります。主な筆の毛質には、次のような分類になります。

硬毛筆
ブタ毛
弾力と耐久性に優れる。主に油絵、ガッシュ向。先が三つ又に分かれ絵具をつかむ。切れて画面へ。
 
ナイロン筆
絵具を乗せる・伸ばすのに向く。
     
軟毛筆
コリンスキーセーブル
絵具の含みがよく弾性がある。穂先を生かした部描写に適する。
用途は油性にも水性にも万能。細部描写やごく薄い塗りや仕上時の柔らかい盛上げに向く。
 
セーブル筆
コリンスキーとは別種の動物。広い意味での貂毛筆。機能は同じだが耐久性や毛の長さがやや劣る。
 
狸毛筆
中〜低級の軟毛筆。絵具の含みが良い。
 
オックス筆
雄牛の耳毛。毛が比較的長く、タッチを描写に向く。油絵より主に水性絵具向き。
 
リス毛筆
こしがあまりなく、薄い絵具の含みと筆良い。主に水彩の淡彩表現に適する。高価。
 
ナイロン筆
水に強くアクリル絵具に向く。絵具の含みと筆落悪いのが難点。すぐに先が乱れる。安価が魅力。
 
猫毛筆
毛の特徴を生かした特殊表現用。ソフト。
 
羊毛筆
毛の特徴を生かした特殊表現用。ソフト
 
馬毛筆
毛の特徴を生かした特殊表現用。ブラシ目。


ラウニー・コリンスキーセーブル

毛 質
品 名
穂先形状
軸形状
主用途
最上コリンスキー
「ダイアナ」
ラウンド(丸)長穂
短軸
水彩、テンペラ。ニュートン相当品「シリーズ7」
コリンスキーセーブル
シリーズ40
ラウンド(丸)中穂
短軸
水彩、テンペラ
 
シリーズ101
ラウンド(丸)・中穂
長軸
油絵、アクリル
 
シリーズ102
フィルバート・中穂
長軸
 
 
シリーズ43
ラウンド(丸)・長穂
長軸 
細線描写、デザイン
 
シリーズ46
ラウンド(丸)・短穂
長軸
細密描写、レタッチ
 
シリーズ41
ラウンド(丸)長穂・
特軸
デザイン
 
シリーズ34
ラウンド(丸)・中穂
短軸
水彩用
 
シリーズ131
ファン(扇型)
長軸
 
 
シリーズ134
ラウンド(丸)・長穂
長軸
ダイアナスタイル
 
シリーズ133
フラット(平)・中穂
長軸
 
 
シリーズ132
フィルバート・中穂
長軸
102の普及


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。