損保ジャパン美術賞 FACE 2014

 損保ジャパン東郷青児美術館が昨年創設した公募コンクール「損保ジャパン美術賞 FACE 2013」では、北海道から沖縄まで、10代から90代までの1,275名の作家が出品しました。
美術評論家を中心とした審査員の公平な審査により、真に力があり、将来国際的にも通用する可能性を秘めた作品69点を入選作品とし、その中から受賞作品9点が決定いたしました。
さらに、観覧者投票によるオーディエンス賞も授与されました。
 各回のグランプリ受賞作品は損保ジャパン東郷青児美術館で収蔵され、次回の展覧会開催時に展示されます。
また、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展にご出品いただきます。
 年齢・所属を問わない新進作家の登竜門となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。



募集作品 本人制作の公募展などで未発表の平面作品1点
(出品時から遡って1年以内に制作された作品)

油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなど
立体作品、映像作品、共同制作作品は不可
公募展などで発表された作品に加筆した作品は不可
個展、グループ展などで発表された作品は可


作品規定
(1) 作品の大きさ
額縁を含み200×170cmまでとする
※目安:S規格で100号、F(M,P)規格で130号以内
※組作品は、組み立てた状態でのサイズとする
(2) 作品の厚み(奥行)
S100号以下・・・10cmまで
S100号をこえる作品・・・5cmまで
※厚み(奥行)は、作品及び額縁を含めたもの
(3) 重量は30sまでで、壁掛け展示可能であること
(4) 作品保護の為、原則額縁(仮額可)をおこなうこと
※額装なしでも可ですが、輸送中、審査会中等に
  作品に擦傷がつく場合があります。
※ガラス使用不可(アクリルは可)


出品資格 日本国内在住者(年齢・国籍不問)


出品料 7,000円


出品申込 2013年9月16日(月)〜10月20日(日)


出品料の支払い 支払い期日 2013年11月3日(月)厳守


作品搬入
直接搬入 2013年11月9日(土)・10日(日)10:00〜16:00 ※期日・時間厳守
送付搬入 2013年10月28日(月)〜11月1日(金)10:00〜16:00 ※期日・時間内必着


搬入場所 〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3-2F/TEL:0120-223-529
ヤマトロジスティクス(株)東京美術品公募展センター


グランプリ 1点 副賞 300万円(買上)
優秀賞 3点 副賞 50万円
読売新聞社賞 1点 副賞 10万円
審査員特別賞 数点 副賞 10万円
オーディエンス賞 1点 賞状のみ


展覧会
会期 2014年2月22日(土)〜3月30日(日)
10:00〜18:00(入館は17:30まで)  ※但し月曜休館
会場 損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
損保ジャパン本社ビル42階
主催 損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞社
協賛 損保ジャパン


審査員 本江邦夫(多摩美術大学教授)
松本 透(東京国立近代美術館副館長)
堀 元彰(東京オペラシティアートギャラリー チーフ・キュレーター)
光田由里(美術評論家)
原口秀夫(損保ジャパン東郷青児美術館館長)

(順不同、敬称略)


その他
「出品規定」に満たない作品は、受付できない場合があります。
主催者は、入選・受賞作品の撮影と広報印刷物・ホームページ、取材記事への画像を掲載する権利を有し、出品者はこれを許可するものとします。

搬入受付から搬出までの期間については作品の取扱いに十分注意します。また、主催者負担で作品へ保険を付保することとし、同期間内の損害についてはその保険金額内で保障します。

応募者の個人情報は、主催者および事務局に限り、作品管理、連絡、通知、発送等、当展覧会運営業務に使用します。
出品者には本展図録1冊を贈呈します。


応募に関する
問合せ先
ヤマトロジスティクス株式会社(業務委託)
〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3-2F
TEL:0120-223-529(平日10:00〜17:00)

事務局
〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3 ヤマトロジスティクス(株)
東京美術品公募センター内 損保ジャパン美術賞FACE2014事務局
TEL 0120-223-529
FAX 03-6858-7600




戻る

このページの無断転用は固くお断り致します。