「トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007」開催

― アートの力、アートの社会的価値を考える ―

トヨタ自動車(株)が人材育成分野の社会貢献活動の一環として、(社)企業メセナ協議会と連携し、「トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007」を初めて開催します。

このフォーラムでは、「なぜ、いまアートなの?−アートの力、アートの社会的価値を考える−」と題し、アートマネジメントの課題解決に向けた分科会と、今後のアートマネジメントを展望する総合セッションが催されます。
分科会の企画・運営は、アートマネジメントの総合情報を紹介する、インターネットサイト「ネットTAM」を通じて公募を行い、選出された6団体が行います。
また、分科会の担当団体によるブログや、当日議論された内容などを「ネットTAM」を通じて、公開されていく予定です。

こちらのフォーラムの聴講をご希望される方は、専用サイトよりお申し込み下さい。



トヨタ・アートマネジメントフォーラム開催概要

日  時 2007年3月3日(土) 10:30〜18:30(10:00開場)

会  場 トヨタ自動車株式会社 東京本社ビル
東京都文京区後楽1-4-18

主  催 トヨタ自動車株式会社

協  力 (社)企業メセナ協議会、SETENV

運  営 トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007実行委員会、
ネットTAM運営事務局

定  員 250名 (応募多数の場合は抽選)

参 加 費 1,000円 (交流会費は別途1,000円が必要)

応募締切 2007年2月20日(火)

応募方法 専用サイトより申込

◆トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007公式サイト
http://www.nettam.jp/forum07/

プログラム <第1部>
オープニングセッション「アートマネジメントをひも解けば」
ナビゲーター: 宮崎刀史紀

<第2部>
午前の部 A : NPO法人芸術資源開発機構(ARDA)
B : NPO法人プラス・アーツ
C : 子どもとアーティストの出会い
午後の部 D : NPO法人アートNPOリンク
E : NPO法人福岡パフォーミングアーツプロジェクト
F : 「美術と社会」実行委員会

<第3部>
総合セッション「なぜ、いまアートなの?」
パネリスト  : 北川フラム、椿昇、上山信一
モデレーター: 熊倉純子

クロージング「レビューコメント〜今後の展開に向けて」
コメンテーター :加藤種男




戻る

このページの無断転用は固くお断り致します。