ミュシャ財団秘蔵「ミュシャ展」


〜プラハからパリへ 華麗なるアール・ヌーヴォーの誕生〜

この展覧会は、ロンドンのミュシャ財団の全面的な協力をうけて開催される本格的なアルフォンス・ミュシャの展覧会です。アルフォンス・ミュシャは1860年に現在のチェコ共和国東部のモラヴィアで生まれ、ミュンヘンやパリで学んだのち1894年に、当時の伝説的な女優サラ・ベルナールのポスター「ジスモンダ」を制作し、一夜にしてパリ中の話題をさらい、一気にスターダムにのし上がりました。
その後、流れるような髪に華やかに着飾った美しい女性や色とりどりの花や植物、ゴージャスな宝石などを散りばめた装飾性豊かなポスター、版画は一世を風靡し、その名声は太西洋を越えてアメリカにまで響き渡りました。
今ではアールヌーヴォーは彼の名をとって別名「ミュシャ様式」とも呼ばれています。
ミュシャ展では、代表的なポスター、版画はいうまでもなく、これらの下絵となったデッサン、水彩画、あるいは独自に制作した油彩画、彫刻、装飾美術、ミュシャ自身が撮影した写真、さらには祖国の為にデザインした紙幣、切手等あわせて訳100点の日本初公開作品を含む240点の作品を展示します。
まさにミュシャの集大成ともいえる大規模な展覧会です。



■ミュシャ財団秘蔵「ミュシャ展」
会       場
東京都美術館
会       期
2005年1月27日(木)〜3月27日(日)
9:00〜17:00(毎週金曜日は19:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
※休館日は毎週月曜日
 (但し、3月21日(月)・祝日は開室、22日(火)休室)
観   覧   料
一般1,300円、学生1,000円、高校生600円、65歳以上700円
中学生以下及び障害者とその介護者1名と65歳以上の高齢者(但し、毎月第3水曜日のみ)無料
お問い合わせ
東京都美術館
〒110-0007東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921/FAX:03-3823-6920
公式HP:http://www.ntv.co.jp/mucha/


戻る

このページの無断転用は固くお断り致します。