建長寺創建750年記念特別展 鎌倉―禅の源流
東京国立博物館(上野公園)は、2003年6月3日(火)から7月13日(日)まで、建長寺創建750年を記念した特別展「鎌倉―禅の源流」を開催されます。
鎌倉では、源頼朝の時代から京都文化の導入に努めていましたが、北条時頼は武士独自の文化を確立しようと中国に目を向けました。
建長5年(1253)、北条時頼は鎌倉に、中国から渡来した禅僧・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を招いて建長寺を創建しました。
鎌倉の禅宗寺院には、中国との活発な往来により多彩な文化がもたらされました。
そのため鎌倉の禅文化は、よく知られた京都に比べ、異国的色彩が強いという特色があります。
純禅の寺としては日本最古である建長寺の創建750年を記念する本展覧会では、非公開の寺宝や多数の国宝(8件)・重要文化財(82件)、アメリカから100年ぶりに里帰りする仏像《宝冠釈迦如来坐像》など、約160作品を一堂に展示されます。
蘭渓道隆や無学祖元(むがくそげん)ら禅僧の真に迫る肖像や雄渾な墨跡、《円覚寺開山箪笥収納品》など禅僧ゆかりの寺宝、中国から伝わった書画、磁器など、多彩な禅宗文化を紹介し、武士の都に出現した異国的雰囲気を味わうことができます。
またヨーロッパ、マイム界の第一人者ミラン・スラデク氏による、「ZEN―禅―」をテーマに本展開催にちなんで制作されたプログラムが発表されます。

日本の禅文化の源流に触れる初の試みである本展覧会に、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
      ■ 開催要項
展覧会 建長寺創建750年記念特別展 鎌倉―禅の源流
会期 2003年6月3日(火)〜7月13日(日)
 休館日:毎週月曜日
開館時間 9時30分〜17時(但し、金曜日は20時まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
会場 東京国立博物館
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
観覧料 一般     :当日券1300円/前売券1100円
高校・大学生:当日券900円/前売券800円
小・中学生  :当日券400円/前売券300円
 ※障害者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳
   などを ご提示ください。
 ※前売券は、チケットぴあ、JR東日本みどりの窓口等の主要
   プレイ ガイドにて発売
主催 東京国立博物館/日本経済新聞社
企画協力 大本山建長寺
特別協賛 キヤノン
協賛 商船三井/大成建設/三井物産/横河電機


      ■ イベント情報
イベント パントマイム ―ZEN―
日時 2003年6月6日(金) 18時30分開演
会場 東京国立博物館・平成館大講堂
出演 パントマイム :ミラン・スラデク
パーカッション:ドド・ショショカ
プログラム 第一部「ZEN−禅」
第二部「アンディー・ウォーホル リフレクション」
料金 全席3,100円(特別展観覧料含む)/定員350名
※申し込み先着順
申込方法 はがきまたはFAXで、郵便番号・住所・氏名・電話番号・イベント名を明記の上、「鎌倉」展イベント事務局までお申し込み下さい。
チケット料金の振込み口座をお知らせいたしますので、期日までにご入金ください。
ご入金確認後、チケットを郵送いたします。
お問合せ 「鎌倉」展イベント事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座2-16-16 GINSENビル6階
TEL:03-3545-8295 FAX:03-3545-6993
受付時間:10:00〜18:00(土日祝日は除く)

戻る



このページの無断転用は固くお断り致します。